スカルプDの白髪染めを調査!気になっている男性必見!

スカルプDの男性用白髪染めを徹底調査!

年齢を重ねるとともに気になってくる白髪…

20代~30代の若いうちから白髪が目立ってきたケースも少なくありません。

やはり白髪が目立つと、どうしても老けて見えがちです。

自宅で手軽に白髪染めをしたい男性は多いかと思います。

そこでスカルプシャンプーで有名な「スカルプD」に男性用白髪染めがあることはご存じですか?

一般的な白髪染めと比べて、手軽で便利との呼び声高いスカルプDの男性用白髪染めは、髪と頭皮にやさしい、トリートメントタイプの白髪染めなんです。

実際のところ、どのような商品なのでしょうか?

スカルプDの男性用白髪染めのこだわりとは?

スカルプDと言えば、頭皮ケアに特化したスカルプシャンプーが有名ですね。

ならば、白髪染めも、他とは違うこだわりがあるはず。

そのこだわりとはどのようなものがあるのでしょうか?

さっそくチェックしてみましょう!

深染め

冒頭で触れたとおり、スカルプDの男性用白髪染めは、市販品によくあるヘアカラーのような白髪染めとは違い、トリートメントタイプ。

一般的にトリートメントタイプのものは、染まりが悪いと言われています。

しかし、スカルプDの白髪染めは、男性の染まりにくい髪でもしっかりと深染めすることができます。

その秘密は、「W毛髪浸透成分」である、「浸透型コラーゲ」ンと「浸透型ペプチド」にあります。
このW成分のおかげで、トリートメントタイプの染まりにくさを克服。

さらに天然コラーゲン成分である「ゼイン」を配合することによって、色持ちも優れています。

濡れた髪に塗布しても、しっかりと染まるため、お風呂場で簡単に染めることができます。

ハリコシ

トリートメントタイプの白髪染めですので、髪を健やかに保つ作用も持っています。

なかでも注目の成分は、スカルプDが長年の研究によって生み出した黒豆豆乳発酵液です。

白大豆の約6%しか生産されない、国産の黒大豆のみを厳選して24時間かけて発酵。

この発行時間はなんと通常の8倍にもなります。

その結果、イソフラボン意外にも18種類のアミノ酸や亜鉛などをたっぷりと含む黒豆豆乳発酵液が出来上がったのです。

これらの成分が髪にハリ・コシを与え、染めるだけで力強い髪へと導いてくれます。

やさしさ

スカルプDの白髪染めには、頭を健やかに保つ成分、保湿作用のある成分が含まれています。

白髪染めは、刺激の強いものが多いのですが、スカルプDは頭皮にやさしい処方となっています。

パラベン・ジミアン・シリコン・過酸化水素・合成香料・アンモニア・石油系界面活性剤・エタノール

これらの8つの成分がフリーとなっています。

白髪染めにありがちな、いやな刺激臭もなく、精油配合でミントの爽やかな香りなのもうれしいポイントです。

スカルプDの白髪染めの評判を調査!

スカルプDの評判は、どうでしょうか?

実際に使った人の口コミを参考にしてみましょう!

今までのカラートリートメントは何回やってもなかなか染まらない。かといって 普通のカラーリングは髪が痛むし地肌にも悪い。いつもアンファーのシャンプーとスカルプジェットを使っているので、注文する時にたまたま見つけたこのカラーコンディショナーを使ってみると、なんと1回でちゃんと染まってびっくり。髪もパサパサにならないし 地肌にも刺激がない。

出典 : アンファーストア

他のカラートリートメントよりも確かな効果を感じたみたいですね。

普段の入浴時間を10分延長するだけで染められます。嫌なにおいもなく、混ぜる必要もなく、手や額に付いても落ちがいいです。染まり具合が自然で、いかにも真っ黒に染めました感が出ないのもいい。1週間に1回染めるペースで使ってます。

出典 : アンファーストア

手軽に染めれて、染まり方も自然とのこと。

以前使用していた他社製品と比べ、染まり方が全然違います。また色落ちも少なく、いつも黒く見えます。理美容で染めたのでは?と思われるのに近い線のレベルと思います。サイドは染まりにくいですが、そこもかなりの染まり具合です。商品説明にあるように、回数を重ねる毎に徐々に馴染んで染まりますというのも実感しました。今後も使い続けたい優れものです。

出典 : アンファーストア

やはり染まりの良さには定評があるようです。

スカルプDの男性用白髪染めの正しい使用方法

スカルプD男性用白髪染めの使い方をご紹介します。

ムラなく綺麗に染めるためには、正しい使用方法をマスターしておくことが大事です。

これから使用される方は参考にしてみてください!

使用方法

まずは、正しい使用方法をご紹介します。

  • ①シャンプー後、付属のブラシに適量を出します。
  • ②最初に、白髪が気になる部分を塗っていきます。全体を染める場合は、染まりにくい白髪部分、顔回り、生え際などは多めに塗布しましょう。そうすることでキレイに染まります。
  • ③塗布したら、5分ほど放置して、浸透させます。この間に洗顔や髭剃りなどすると良いでしょう。
  • ④シャワーでヘアカラー剤を綺麗に洗い流します。頭皮に残ったままにならないように、しっかりと洗い流しましょう。

いかがでしょうか?
とっても簡単ですよね。

すすぎ残しのないように、しっかりと流してくださいね!

使用頻度

続いてはスカルプD男性用白髪染めの使用頻度についてです。

初めて染める場合は、3日間続けて使用することが推奨されています。

その後は1週間に1・2度を目安に使用しましょう。

このペースできれいな仕上がりをキープすることができます。

もちろん、毎日使用しても問題はありません。

仕上がりをチェックしながら、自分にとってのベストな使用頻度を見つけると良いですね。

1回で使う量

最後に使用量についても知っておきましょう。

全体に使用する場合は、付属のブラシの幅(5cm)に2列×3~5回が目安となります。

ただし、全体の髪の毛の量や、太さ、長さなどにより個人差があります。

量が多かったり長かったり、または太くて染まりずらい髪質の場合は多めにつけると良いでしょう。

逆に染まりやすい猫っ毛や、量が少ない場合は、目安の量よりも少な目でも大丈夫かもしれません。

ご自分の髪の毛の状態に合わせて、量は調節してくださいね。

スカルプDの男性用白髪染の注意点

スカルプDの男性用白髪染めを使用するにあたって、いくつかの注意点をご紹介します。

カラー剤は、皮膚や爪についてしまうと落とすのが大変です。
そのため、手袋を着用してから染めるようにしてください。

衣服などに付着した場合は、落ちないため、その点も注意しましょう。

また、浴室や洗面所等に付着した場合、長時間放置してしまうと落ちなくなってしまいます。

壁などをあらかじめ水で濡らしておくと色が付きにくいのでおすすめです。

育毛剤や整髪料の使用で色落ちする可能性がありますので、併用する場合は、中一日空けるようにしましょう。

色落ち・色移りを防ぐため、白髪染めをしたあとは髪を完全に乾かしてください。

染まりが悪いと感じる人は、塗布前に髪を乾かしておきましょう。

それでも白髪染めですので、個人差はつきものです。
その点を理解した上で使用するようにしましょう。

白髪染めは頭皮に良い物で行おう!

白髪は、黒い髪と比べると、とてもしっかりとして染まりにくい性質を持っています。

そのため、白髪染めは刺激が強いものが多くなってしまうのです。

ところが、そういった刺激の強いものを使い続けることは、頭皮にとってあまり良いとは言えません。

出来るだけ頭皮に良いものを使うように心がけましょう。

今回は、頭皮にやさしい白髪染めとしてスカルプDをご紹介しました。

気になる方はぜひ使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です