未成年が使える育毛剤を紹介!頭皮に優しいのはどれ?

未成年でも使える育毛剤が知りたい!

一見、薄毛とは縁のないように感じる10代。

しかし、実は10代でも薄毛の悩みを抱えている人は増えており、大きな問題となっています。

スマートフォンやインターネットの普及による生活環境の変化なども一つの原因と言えるでしょう。

そこで、今回は未成年でも使用できる育毛剤のラインナップをご紹介していきます。

紹介する商品のタイプを男女に分けているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

未成年でも育毛剤を使って大丈夫なの?

未成年でも使用できる…と前述しましたが、そもそも未成年が育毛剤を使って大丈夫なのでしょうか?

結論から言うと、未成年が育毛剤を使用することは問題ありません。

しかし、これは基本的に「高校生以上」の方になります。

中学生以下の方は、一度皮膚科や専門のクリニックで相談し、医師のアドバイスを聞いてから検討するようにしてください。

また、育毛剤と呼ばれていても、実際は「発毛剤」に分類されている商品もあります。

発毛剤は未成年の使用は禁止されています。

細かく言うと、「プロペシア」「ミノキシジル」「デュタステリド」という成分が使用禁止となっています。

この成分は発毛に大きな効果がある反面、未成年が使用した場合は身体の成長を阻害する危険性もあるのです。

もし育毛剤を使用する場合は、この成分に十分注意するようにしましょう。

未成年でも使える!頭皮に優しい育毛剤はこれ!

それでは、実際に未成年でも使用できる育毛剤をご紹介していきます。

基本的にご紹介する育毛剤は低刺激で安全性の高い商品ですが、使用前には必ずパッチテストを行いましょう。

安価でお試しセットなどが購入できる場合もあるので、先にそちらで試してから購入するのも良いでしょう。

男性用と女性用に分けてご紹介するので、自身の性別に合わせて参考にしてみてくださいね。

男の子の場合

まずは、男性におすすめの育毛剤からご紹介します。

育毛剤の中でも知名度の高く人気のある商品からピックアップしてみました。

今回は3つの商品のみの紹介となりますが、他にも多くの育毛剤は発売されています。

気になった方はぜひチェックしてみてください。

チャップアップ

まずは、育毛剤の中でもトップクラスの知名度を誇るチャップアップです。

「公式サイトには20代から60代の薄毛に悩む方に」という記載がありますが、未成年が使用することも可能です。

3つの育毛有効成分が、頭皮の血流を改善させ頭皮環境を整えて、抜け毛や薄毛の予防を図ります。

香料、着色料、石油系界面活性剤など7つの添加物ははいっていないため、敏感肌の方にも安心して使えそうですね。

無香料でベタつきもないので、身だしなみに気を使いたい高校生にもオススメですよ。

また、定期便で購入の場合は、永久全額返金保証がついています。

万が一肌に合わなかった場合でも返金されるので、まずはお試しとして使用したい方にもうってつけですね。

プランテルEX

プランテルEXは、製薬会社、毛髪診断士、スカルプケアサロンが共同開発した育毛剤。

2018年6月大型リニューアルし、AGAに特化した育毛剤となってかえってきました。

しかしリニューアルから間も無い9月現在、あまりの人気の高さから次回の商品提供は11月予定となっています。

商品の提供時期は先着順となっているため、気になる方はお早めに予約しておくことをオススメします。

さて、そんなプランテルEXの注目の成分は、ヒオウギ、ボタン、ビワ葉を組み合わせた「ペブプロシンα」。

こちらはAGAを引き起こす原因酵素の5αリダクターゼを阻害すると言われており、今育毛界が注目している成分なのです。

その他にもセンブリエキス、グリチルリチン酸2K、塩酸ジフェドラミンと3つの有効成分が、血行を促進し育毛をサポート。

定期コースはいつでも休止でき、全額返金保証もついているので、1回だけの購入の場合でも定期コースの方がお得ですよ。

ブブカゼロ

累計販売数が150万本以上となったブブカシリーズの育毛剤。

これまでに実に5回目のリニューアルが行われ、2018年に「ブブカゼロ」として生まれ変わりました。

中でも注目すべきは「M-034」というブブカを代表する成分。

これは海藻類に多く含まれる成分で、育毛促進・毛髪の成長・頭皮の保湿効果など多くの作用が期待できます。

初期のブブカと比べると、なんとこのM-034の配合量が10倍に増えました。

そして、発毛を促進させる成分としてマジョラムエキスも新配合。

これは髪の毛の成長を司るバルジ領域の17型コラーゲンをサポートし、毛母細胞の活性化に繋がると言われています。

また、育毛剤の中ではめずらしいアルコールフリー処方で、お肌に優しいことも魅力の1つですね。

気づいたら薄毛が大分進行していた…!という男性にもおすすめですよ。

女の子の場合

続いて女性におすすめの育毛剤をご紹介します。

女性は男性に比べても、どうしても肌が敏感になりがち。

そのため、肌への優しさもしっかりとチェックするようにしてみてくださいね。

それぞれどんな効果があるのか、3つの育毛剤を見比べてみましょう!

ベルタ育毛剤

ベルタ育毛剤は女性用の育毛剤の中でも、常にトップクラスの人気を誇る育毛剤。

女性の薄毛のメカニズムに着目して作られた、完全女性用の育毛剤となっています。

全成分のうち99.9%は育毛・頭皮をケアするための成分と、配合成分にはとことんこだわって作られています。

また、成分を毛穴の奥までしっかりと浸透させるため独自の「ナノ化技術」を採用。

頭皮の奥から成分がはたらくので、より高い育毛効果に期待できそうですね。

99.6%が天然由来の成分とあって、肌にとことん優しいことも特徴。

30日以内であれば全額返金保証がついているので、まずは使用感などを試してみてはいかがでしょうか。

マイナチュレ

9割以上がリピート買いしているマイナチュレ。

その人気の秘密は、デリケートな女性の肌を考えて作られた無添加処方にあります。

肌にとって刺激となる成分は極力入れず、育毛に必要な成分だけを厳選して配合。

化学成分がはいっていないので、育毛有効成分の力がしっかりと発揮され、ボリュームダウンした女性の頭皮にアプローチ

とくに、髪の毛にとって欠かせない栄養素が豊富に含まれたマイナチュレ独自の「ミツイシ昆布エキス」が髪に元気を与えてくれますよ。

無香料で香水やワックスなどの邪魔をしないので、おしゃれを楽しみたい女性にもぴったりですね。

今なら初回限定で980円のキャンペーン中なので、学生でも手が届きやすい価格ではないでしょうか。

ミューノアージュ

ミューノアージュは、少し珍しいタイプの育毛剤。

皮膚科専門医の今泉明子さんと「MUNOAGE」の共同開発となっており、満足度は92%と高い評価を受けています。

使用するボトルが2本に分かれており、1つは「薬用育毛剤」で、もう1つは「頭皮美容液」となっています。

まずは頭皮美容液で頭皮環境を整え、次に薬用育毛剤を使って有効成分をしっかり浸透させます。

HARG療法から着想を得て作られており、「オクタペプチド-2」という独自配合成分が髪の毛の元を生成するバルジ領域を活性化させ育毛を目指します。

香料、エタノール、パラベンなどが不使用なので、ヘアカラーの色落ちの心配もありません。

ミューノアージュには残念ながら返金保証はありませんが、2週間分のお試しセットがあります。

皮膚科医発想の育毛剤をまずは気軽に試したい!という女性は、こちらを活用してみてくださいね。

未成年で出来る育毛対策は他にある?

未成年の場合は、育毛剤を使用しなくても薄毛を改善できる可能性は十分にあります。

なぜかというと、未成年の薄毛は生活習慣の乱れからくることが多いからです。

そのため、生活習慣を見直せば薄毛も自然と改善されるケースも往々にしてあります。

では、具体的な生活習慣の改善策をご紹介しますね。

これで薄毛が一向に良くならなかった場合は、反対に生活習慣以外のことが原因と考えられます。

その場合は育毛剤の使用や、クリニックを受診することを検討してみてくださいね。

ストレスは定期的に発散しよう

ストレスは、自律神経を見出し血行を悪くするため薄毛を引き起こすことがあります。

人それぞれストレスが溜まる原因は違い、なかには人に相談しづらいこともあるかと思います。

薄毛が発症してしまうほどストレスが溜まっている場合、それはすぐに発散できるものではありません。

そんな時は短時間ではなく、長期間かけて少しずつ心身を癒していきましょう。

例えば誰かに悩みを相談したり、できる範囲でストレスの源となる環境から離れたりするといいでしょう。

また、日常生活の中に軽い運動を取り入れると、ストレス発散だけではなく血行改善にもつながり薄毛対策にはうってつけですよ。

睡眠時間はしっかりとろう

学生は、勉強や部活に忙しない日々が続き、どうしても睡眠不足になりがち。

また、スマホやパソコンを見る時間が増え寝る時間が削られている方も多いでしょう。

未成年は、睡眠中に放出される成長ホルモンの量が多く、髪の毛を成長をさせる絶好の時期です。

成長ホルモンが不足すると、薄毛の直接的な原因にもなりかねません。

そのため、勉強や遊びなどで忙しくても睡眠時間はしっかりとるようにしましょう。

人によって必要な睡眠時間は異なりますが、未成年の場合は少なくとも毎日6〜7時間は寝るようにしてくださいね

栄養の偏りには気をつけよう

髪の毛は栄養素をもとにつくられていきます。

とくに髪の毛にとって必要な栄養素はタンパク質・ビタミン・ミネラルの3種類。

タンパク質は髪の毛の主成分となり、ビタミンやミネラルはそのタンパク質を髪の毛に変えるために必要な栄養素です。

また、間食などで糖質や脂質を摂りすぎると皮脂のバランスが崩れ、頭皮環境が悪化することも。

頭皮環境が悪くなると、健康な髪の毛が生えてこなくなってしまいます。

おやつやジャンクフードはほどほどにし、毎日しっかりと3食から栄養素を摂るようにしましょう。

まとめ!

今回は、未成年でも使用できる育毛剤をご紹介しました。

特に外見などが気になる思春期に薄毛になると、精神的なダメージも大きいでしょう。

ですが、若ければ若いほど、薄毛が改善する見込みは十分あります。

まずは生活習慣を見直しつつ、必要であれば育毛剤を使用して見るといいでしょう。

しかし育毛剤は決して安価なものではないので、1人で決断するのはリスクが高いですよね。

恥ずかしいからと対策を先延ばしにせず、まずはご両親など身近な大人に相談してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です